盗聴されている事がわかり探偵をよんで対応をしてもらいました

guhehe
私は2年前に今の賃貸マンションに引っ越してきたのですが、テレビのコンセントのところに必要がない二股コンセントが付いていることに気づいて、変だな、と思いました。

私は実家にいる頃からストーカーに遭っていて、引っ越すことになったので、もう居場所がわからなくなるので、いいだろうと思っていたのですが、なんだか気持ちが悪いです。

テレビで盗聴器を発見する番組を何度か見たことがありますが、その時に発見されたようなコンセントが私の部屋にもあって、気持ちが悪くて、取り去りました。

賃貸マンションだと、新築の一戸建てなどと違って、前に住んでいた人もいることですし、どうなっているのかわからないような感じです。一人暮らしなので、盗聴しても誰かと話をしているわけではないので、テレビの音くらいしか聞くことができないので、意味がないのではないのではないかと思いますが、留守かどうかはわかるのではないかと思います。留守だとわかると泥棒に入ることができるのですが、セキュリティーはしっかりしているマンションなので、それほど脅威ではありません。

ただ、盗聴はとても怖いです。誰かと電話で話していることが筒抜けになってしまって、プライバシーが漏れることも嫌ですし、ストーカーの問題などもありましたので、とても怖いです。

最近は小型の盗聴器が簡単に手に入るようになっているので、盗聴も簡単にできるようになっているのです。盗聴器を発見してくれる業者を探して委託しました。盗聴器を発見する際には物々しい機材を持ち込んでの調査となりましたけど依頼してよかったと思います。発見された盗聴器ですが私の身の回りの人間が仕掛けたものではなく、前に住んでた人間だろうという話でした。

自分の周囲が怪しい場合はどうするかというと、警察に届け出てしかるべき対応をとることになります。例えば住居侵入罪などが適用されれば逮捕となるわけです。今回の場合は、前の住居者とあたりがつき、直接探偵の方が彼の元へ行って話し合いをつけてくれました。盗聴事態は違法ではないからということで警察への通報や逮捕にはならないんだそうです。とにかく気持ち悪いのは変わらないので早々に引越しをすべきかと思いました。

盗聴が心配なら引っ越せばいい、警察に相談することも検討

以前、お付き合いしていた彼は空気が読めず、嫌だと言ってもやめてくれないことが多くて別れ話をしましたが、これも理解できなかったようで、毎日メールや着信が山ほど来るようになりました。初めのうちは無視していたのですが、職場の前で待ち伏せされたり、帰宅後にアパートのチャイムをひっきりなしに鳴らされたり、今で言うストーカーのような行為をされていました。どんどんエスカレートしてドアをどんどん叩いたり、叫んだりするようになったので「警察を呼ぶよ!」と言ったところ、パタリとおとなしくなりました。それはそれで良かったのですが、彼がこれで諦めるはずはないと思いました。

すでに心が病んでいた私は、合鍵を返してもらっていなかったこともあり、部屋に監視カメラや盗聴器が仕掛けてあるのではないかと疑い始めました。テレビで盗聴器発見の番組をやっていると必ず見るようになり、コンセントのプラグやテレビのリモコンなど、思い当たるところを探すようになりました。当時、元彼はコンピューター関係の仕事をしていたので、パソコンに何か仕掛けられたのでは?そもそも携帯電話に盗聴器が仕掛けられているのでは?など、かなりの不安になっていました。

友人に相談したところ、「引っ越せばいいじゃん」と言われました。病んでいるときは簡単なことも正常に考えられないんだなとつくづく思いました。それから、元彼が絶対行かないようなところに引っ越し、転職までしてやっと不安が解消されました。

自分で盗聴調査を行い、「無い」事がわかり一安心

子供の頃に実家の母が家に盗聴器を仕掛けられていると話していたことがあります。

母親は精神的にも弱い一面があったので、こうしたことをつぶやいていたのかもしれませんが、心の底では気になっていました。それでも調べることなく大人になってしまいました。以前に盗聴器を発見するテレビ番組を視聴をしたことがあります。盗聴に関する専門家が車で移動しながら、電波を発する盗聴器を見つけていくというものでした。

仕掛けられた家の中の状況を探るため、どこかに取り付けられていることが多いと聞いたことがあります。このテレビ番組を思い出してしまい、盗聴器の有無を調べてみることにしました。盗聴を調査する業者は依頼するための金額が発生するため、手軽に調べられる方法を模索していくことになり至りました。模索するといっても自分で調べられる範囲の中で選択が迫られていきます。

比較的に安価で購入が可能な盗聴器は1万円を下回る製品が売られており、大手の通販サイトなどで購入に至りました。製品によっても盗聴器を発見する方法は異なりますが、購入した製品は近づくと電波に反応してくれる特徴がありました。手のひらサイズの大きさであり、手軽に自宅内を持ち歩くことが可能でした。専門の知識がなくてもスムーズに利用することが魅力だと感じられました。

利用した結果は、幸いにも家の中に盗聴器は見つかりませんでした。実家は2階建てであり、1階と2階の全ての場所で製品を利用しましたが、一度も反応せずにほっと胸を撫で下ろしました。母にも話しましたが、昔に盗聴器を気にしていたことを話したのかさえも忘れていました。私自身だけがずっと気にしていたようでしたが、何もなくて晴れやかな気分に浸れました。

盗聴器調査を依頼するときの業者選びのポイント

近年、科学技術の進歩に伴って、盗聴器も精巧なものが増えてきました。かつては、素人でも発見できる方式の盗聴器がありましたが、最近では自分で発見することが難しい場合があります。

それで、業者に依頼したいと感じるかもしれません。業者にも何種類かあります。盗聴器発見を専門に行っている業者、探偵会社、警備業、電気事業者、個人経営の便利屋などです。盗聴器が、日々進化していることを考えると、やはり実績のある業者に依頼するのがベストな選択だと言えます。盗聴器の発見そのものは、なにか資格がいるわけではありません。ですので、実績は無くても、とりあえず取り扱い業務の一つに入れている業者もあります。実績のない業者だと、進化する盗聴器に対応できる発見装置を所有していないことが大半です。経費的に割が合わないからです。ですから、まずホームページを確認して、どれくらいの実績がある会社なのかを確認することがポイントと言えます。

また、秘密を守ってくれる業者を選ぶこともポイントです。そのためには、口約束ではなく事前に書面での契約をしてくれることや、業者のホームページにプライバシーポリシーが記載されているか、問合せフォームやメールフォームがセキュリティに対応したものになっているかなどを確認するようにします。

盗聴されているとは考えたくないものですが、誰もが盗聴の被害者になる可能性があります。業者に依頼し、盗聴器が見つからなければ安心できます。不安なら、一度依頼してみてはいかがでしょうか。

盗聴器を発見しましたが、あまりに気持ち悪くて自宅の引越しを決意

盗聴や盗撮というと、テレビのドラマの中だけの話だと思っていましたがとんでもありません。実は我が家にも、盗聴被害があったので報告させていただきます。私の家は平凡なサラリーマンの世帯。とくに資産家というわけではなく、少なくとも盗聴や盗撮とは無縁のはず。そんな我が家になぜが盗聴器が仕掛けられていたのです。盗聴器を発見したのは掃除のとき、コンセントを見ると、これまであまり見たことのない分配器があったので不審に思い外して持ってみるとなぜか重いのです。これはおかしいと思いよく見てみると、中になにやら怪しい機械が入っていたのです。すぐに分解してみてみると、盗聴器の類が、すぐに警察署にもっていったところ盗聴被害を受けていたことが分かりました。私の家の中にあった以上、仕掛けたのは私の家の中に貼ったことがある人なのは間違いありません。しかし、いつから仕掛けていたのが分からず個人の特定はまったくできません。なにより気持ち悪いのは私が信頼していた人の誰かが盗聴器を仕掛けたことです。もしかすると数年にもわたって盗聴されていたのかと思うと気持ちが悪くて仕方ありません。さらに、被害がこれだけとは限らないことがもっと怖いです。もしかしたら他にも盗聴器が仕掛けているかも、またそのほかの犯罪に巻き込まれているのかも…。そう考えたらいてもたってもいられず家の引越しを決意。もっと早くに気づいていえれば犯人の特定もできたのではと残念に思います。盗聴盗聴器

職場のあちこちに盗聴器があったときの会社の対応

職場で、盗聴器に関するとある噂を耳にしたことがあります。それは、ある社員が色んなところに盗聴器を仕掛けているということです。

ですが、盗聴器を仕掛けていることを見たことがある人は誰もいませんし、盗聴しているところを押さえたという人もいないようです。

では何故そんな噂が出てしまったのか、デマだったら本当にやばいのではと思いました。

きっと、都市伝説のようなものだろうとあまり気にしないでいたら、どうやら本当だったようです。

どうやら、盗聴器を仕掛けるところを誰かに見られてしまったようなのですが、何故か警察沙汰にはならなかったそうです。

そんなことをしたらどっちみちいづらいだろうにと思ったのですが、結局職場はやめたみたいです。その後自首したかどうかは分かりません。

職場の方はきっと、職場を辞めてから自首をしてくれと言ったのかもしれません。ニュースにもならなかったのでどうなっていたかは分かりません。あくまで噂の範囲でしかないのです。

どういうところに盗聴器があったかというのは全く分からないのですが、個室とか会議室ではなかったみたいです。それならまさかトイレと思ったのですが、それでもなかったみたいです。

おそらく廊下とか玄関だろうという話になったのですが、やはりよく分かりません。みんなが通るようなところらしいという話は聞いたのですが、それなら一体何を聞きたかったのか謎です。とは言いつつも知りたいような知りたくないようなというかんじです。

もし自宅などに盗聴器を仕掛けられていると知ったら

盗聴器というと、最近凄く進化しているというイメージです。もちろん、色々あって使わざるを得ない人もいると思うのですが、使わなくてもいいのに使っている人にとっては、もしかしたら良い時代になってしまったのでしょうか。小さいわけですから、仕掛けるのも以前より楽になってしまったことでしょう。それに、割と安いものも多いと聞きます。ということは、より気軽に買えるようになってしまったということでしょうか。

嘆かわしいものです。

盗聴なんて、なんのためにするのでしょう。腹いせにする人もいますし、自分が気になっている人のことが知りたくてやっている人もいるでしょう。歪んでいると言われても仕方のないことをやっているのです。盗聴なんて、自分がされていると思ったら、おそらく何も信じられないと思うのです。誰にいつ仕掛けられたというのでも話は違ってくると思いますが、それでも周りの人のことを信用出来なくなってしまいそうです。

盗聴に関する番組を見たことがありますが、自分が盗聴されていると知った人は、みんな怯えています。中にはあまり反応がない人もいますが、そういう人はまだ現実感がなかったり信じられていない人のような気がします。どのみち、盗聴されていると知ったら、、凄く気持ち悪くなると思いますし、まだ盗聴器が仕掛けられているのではと疑ってしまうでしょう。私だったら、きっと引っ越したいと思います。

そう思うのが普通であってほしいです。