盗聴器調査を依頼するときの業者選びのポイント

近年、科学技術の進歩に伴って、盗聴器も精巧なものが増えてきました。かつては、素人でも発見できる方式の盗聴器がありましたが、最近では自分で発見することが難しい場合があります。

それで、業者に依頼したいと感じるかもしれません。業者にも何種類かあります。盗聴器発見を専門に行っている業者、探偵会社、警備業、電気事業者、個人経営の便利屋などです。盗聴器が、日々進化していることを考えると、やはり実績のある業者に依頼するのがベストな選択だと言えます。盗聴器の発見そのものは、なにか資格がいるわけではありません。ですので、実績は無くても、とりあえず取り扱い業務の一つに入れている業者もあります。実績のない業者だと、進化する盗聴器に対応できる発見装置を所有していないことが大半です。経費的に割が合わないからです。ですから、まずホームページを確認して、どれくらいの実績がある会社なのかを確認することがポイントと言えます。

また、秘密を守ってくれる業者を選ぶこともポイントです。そのためには、口約束ではなく事前に書面での契約をしてくれることや、業者のホームページにプライバシーポリシーが記載されているか、問合せフォームやメールフォームがセキュリティに対応したものになっているかなどを確認するようにします。

盗聴されているとは考えたくないものですが、誰もが盗聴の被害者になる可能性があります。業者に依頼し、盗聴器が見つからなければ安心できます。不安なら、一度依頼してみてはいかがでしょうか。