職場のあちこちに盗聴器があったときの会社の対応

職場で、盗聴器に関するとある噂を耳にしたことがあります。それは、ある社員が色んなところに盗聴器を仕掛けているということです。

ですが、盗聴器を仕掛けていることを見たことがある人は誰もいませんし、盗聴しているところを押さえたという人もいないようです。

では何故そんな噂が出てしまったのか、デマだったら本当にやばいのではと思いました。

きっと、都市伝説のようなものだろうとあまり気にしないでいたら、どうやら本当だったようです。

どうやら、盗聴器を仕掛けるところを誰かに見られてしまったようなのですが、何故か警察沙汰にはならなかったそうです。

そんなことをしたらどっちみちいづらいだろうにと思ったのですが、結局職場はやめたみたいです。その後自首したかどうかは分かりません。

職場の方はきっと、職場を辞めてから自首をしてくれと言ったのかもしれません。ニュースにもならなかったのでどうなっていたかは分かりません。あくまで噂の範囲でしかないのです。

どういうところに盗聴器があったかというのは全く分からないのですが、個室とか会議室ではなかったみたいです。それならまさかトイレと思ったのですが、それでもなかったみたいです。

おそらく廊下とか玄関だろうという話になったのですが、やはりよく分かりません。みんなが通るようなところらしいという話は聞いたのですが、それなら一体何を聞きたかったのか謎です。とは言いつつも知りたいような知りたくないようなというかんじです。